出張中の自分の部屋が不倫現場に

出張中の自分の部屋が不倫現場に 序章

不倫騒動に巻き込まれた話。
当時、仕事がむっちゃ激務で連日徹夜続きでぼろんぼろんだった。
んで、学生時代に治療していた腰痛がめちゃくちゃ悪化した。
夜寝てて、ちょっとでも寝返り打てば痛みが走って目がさめちゃう感じ。
当然…..

帰宅した部屋の違和感、ベッドにはシミと長い髪が・・・

そんで自分は1週間ほどの出張に旅立った。
1週間後、ようやく激務の出張から生還し
即効ベッドに倒れこむのを楽しみにしながら
アパートに帰宅。鍵を開けて即効ベッドに向かう。
ただいまーと言ってベッドに倒れこもうとすると
な…..

不審者の形跡と盗難確認、証拠をカメラに

とりあえず顔を洗い、先輩が出してくれたあったかいお茶飲んで落ち着いた。
ひと段落着いたところで、先輩が寝巻き姿なのに気付いて(このとき時間は夜10時過ぎ)
自分「あっこんな夜遅くにすみません。しかも油な顔で…!」
先輩「…..

誘導尋問にはまった犯人とは

何も盗られてないもののこれはさすがにやばいので翌朝
私は上司に連絡し、事情を話して有給扱いにしてもらった後管理人と警察に連絡。
先輩達は仕事に向かった。
来てくれた警察官と管理人も現場のベッドを見てドン引き
即効で管理人…..

彼らがあのベッドで不倫をした理由とは

会社で皆が自分に向けた生暖かい同情の目は今でも忘れない。
自分が会社についたらAとKの姿は無かった。
弁解だかなんだか興奮しまくって仕事にならないと判断した上司が
とりあえず今日は帰れと、帰宅を命じたそうな。
自分と先輩…..

数日後、さらなる被害を受けることに・・・

時間がトラウマを癒してくれて忙しいながらも元気に自分は働いていた。
もうすぐ昼休みになる直前の時間に
「すいませーん、Sさんってみえますかー?」
という声が職場内に響いた。振り返ると40代ぐらいのスーツのおじさん。
別の…..

暴行された迷惑な理由

翌日、被害届を出しに行った。話を聞くとおじさんはやはりAの旦那さんだった。
自分をぶん殴った理由なんかも警察官から教えてもらった。
・おじさん(以下B)、急に入用になって通帳からお金を引き落とそうとする。
・引き落とせな…..

興信所と弁護士で一気に攻める

確かにBは可愛そうだ。込みってことで示談にしてしまおうか…
いやでも、だからと言って治療費は貰わなきゃこっちがしんどい
どうしようと数分悩んだ。
でもこの人の次の一言でそんな生易しい考えは消えた。
B「ベッド汚れただけで…..

無断欠勤、襲撃、彼らの逮捕

案の定無断欠勤が始まりこっちに連絡が来た。
自分の職場には
「AとKが所在不明になった。
多分自分のとこへお礼参りにくるから気をつけて」
と皆に根回し。
警察にもたまりに溜まったメールのコピーを見せて相談済み。
どこか人…..

暴行事件の後日談

A&Kのその後だが
出てきた後は、Kは実家に強制的に戻されて農業の手伝い。
Aは一旦実家に戻された後、脱走騒ぎを起こして本格的に縁を切られて、
実家が肩代わりした借金を返すために風俗始めたとチラッと聞いた。
今…..

<.div>