私は妻に、
「急な出勤が決まったので私も日曜日会社へ出かけなければいけない」
と嘘をついて、で、日曜日、私が先に家をでました。

そしてそのまま駐車場へ行き、車の中で待機してました。
うちのマンションは、駐車場から各フロアの廊下が見渡せるので、張り込みに最適でした。
車からはウチの玄関がよく見えますし、後部座席にいれば向こうからはこちらは見られません。
同じマンションの人たちもわざわざ車の後部座席の中まで覗いて来ません。
(後部座席はフィルムも貼ってますし。)

コンビニで食料を買い、今まで買っておいてまったく手をつけてなかった
やわらかあたま塾とか、英語漬けとかのDSのゲームとかやって時間潰してました。

1時間後、おめかしをした嫁が家から出て行きました。
さっそく嫁の尾行を開始。
嫁は車の免許がないので、そのまま徒歩で駅に。
30分くらい移動した、とある都内の駅で降りて、
とあるスタバに入りました。

そのスタバは外から見渡せる店なので、自分が店に入らずとも嫁の姿を目撃できました。
というかオペラグラスもって、道路を挟んで離れたところから見てたんですが。
はたから見てあやしかったでしょうね。
というかこんな見通しのいい場所で待ち合わせなんて、
どんだけ度胸があるんだろう、なめられたもんだ、と思っていました。

私:まぁ見た目体形趣味とかまったくフツーのISP系技術職リーマン
元嫁:結婚当初は持田真樹似だったのに離婚間際はミニブタ 印刷会社事務員

15分くらいして嫁の席に座ってくる男登場。
よく見たら、知ってる人でした。

新婚当初、嫁が職場の飲み会でべろべろに酔っ払って
「一人で帰れそうもないから迎えに来て」
といわれたのでその居酒屋へ車で迎えにいったことがありました。

そこにいたのは4~5人くらい。
その中にひとりだけ男が混じってました。それがそいつです。
私より恐らく下。ナイスガイ。
「かっこいいダンナさんですね~」とか「迎えに来てくれるなんてやさしすぎです」とか
そいつがヤケに私を持ち上げていたので、調子がいい奴だなとか思っていたのを覚えています。