で、2~3分なにやら会話して、そいつはコーヒーも飲まずに嫁と行動開始。
まだ午後3時すぎだし、今日一日デートすんのかなぁと思いきやいきなりホテルに。
ラブホとかじゃなくおしゃれさんホテルでした。

まぁラブホじゃないんで、これが浮気の立証になるかどうか良くわかりませんが
少なくともこのときはもう、浮気確定、離婚決行、と自分の中で決意してました。

二人のセックスを外で待っているのも癪なのでとりあえず今日は出直し、
探偵社か何か使ってキッチリ証拠をつかむことにしました。
ホテル入るところの写メとか取ってみたんですが、画質悪すぎてなんのこっちゃ判りません。

それからしばらくは何食わぬ顔で過ごしていました。

「今日も残業で遅くなる」と連絡すると
「私も今夜は友達と外食してくるから食事済ませて帰ってきて」というパターンが
多くなってきました。
「外食多くない?」とか言ってみると
「あなたが終電まで残業してばかりでさみしいからよ」と。
終電クラスの残業なんて週に1,2回ですがな。

その間、いろいろな調査会社を調べ、見積もり取ってみたりしました。
自由に使えるシークレット口座にも限りがあるのでなるべく安価なところに。
で、いいところ見つけて、調査をお願いしていました。

浮気目撃から3ヵ月後、調査会社から結果発表。

まぁ黒なのは判りきっていたんですが、やっぱりすごいですねプロは。
レストランで食事しているところ、ラブホから仲良く出てくるところ
デジタルカメラの写真とかじゃなくて、キッチリ何眼レフカメラだかわからん美しい写真。
夜なのに。
バッチリ二人の仲よさげな姿を捉えていました。
タレントの週刊誌でのスキャンダルニュースのような、路上キスはさすがに無かったですが
ラブホから手繋いで出てこられたら困ります。

もっと驚いたことに写真だけでなく、家庭用ホームカメラのような動画も。
二人で腕組んで仲良くあるく動画も抑えてくれていました。
あと、何時何分にどこそこへ入ったとか、断片的な会話も書いてあったりする
精密なタイムテーブルの書類。
基本的に私が大残業の日は毎回2~3時間くらい会っていたようです。

調査の相場は、時価というところが多かったです。
(状況に応じて交通機関使ったりだのなんだので)
私の場合、平日月~金の12:00~23:00の間、合計15日間依頼しました。
1日4万円+諸経費もろもろ。 
他のところでは1日あたり約6万円~9万円くらいでした。

まぁこれだけの証拠をつかんだので、あとは嫁に突きつけて離婚を言い渡すだけです。

当初調査会社からは、「現場を押さえたらお呼び出ししましょうか?」といわれてましたが
ビビって、「いえ証拠さえ押さえていただければ」と断っていました。
しかしこの結果をみると、ふつふつと怒りがわいてきました。
こっちが汗水たらして働いてるのに、お前は違う汗水たらしてるのかと。

普通に離婚を言い渡すだけでは面白くないと思い、
やっぱり密会現場を押さえてみたい気持ちが出てきました。

すでに調査会社との契約はこれで終わりなので、自力で現場を押さえることにしました。