最初っから自力で現場おさえるなら、調査会社いらなくない?とお思いでしょうが
調査会社の報告を見て、その気になったわけです。

作戦決行日は土日です。

その1週間くらい前から
「この土日は午後から大阪へ出張して徹夜で作業してる。日曜日の夕方帰るから」
という、嘘のスケジュールを伝えました。
その間に嫁の浮気現場をキャッチという寸法。

単なる残業とか徹夜では、たまたま逢わない日ということにもなるでしょうし
「土曜日は夫は絶対帰ってこない」ということならば嫁も大胆な行動を起こすと思ったのです。
というより、平日は本当に仕事が忙しくて待ち伏せしてる暇がありません・・・

作戦決行日、午後になってから大きめのカバンを持って
「じゃあ戸締りとかきをつけてね。」
とか言いながら家をでます。
そしてそのまま前と同じく車の中で時間つぶし。

と思いきや、不覚にも午後3時をすぎた辺りから眠ってしまい、目が覚めたら夜7時でした。
しまった!

と思い、もう出かけてしまったかな・・・と自分の失敗を後悔しながら
リビング側に回ってみると、リビングにはまだ明りがともっていました。
よかった、まだ家にいる。。。と安心して、また車に戻りました。

ところが夜も10時になっても妻は一向に自宅から出てこず、
トイレをもよおしてきたこともあって、
「ひょっとして今日はどこも出かけないのか・・・?」
と弱気になってきました。

トイレだけでも隣のイオンで済ませてこようと、マンションの敷地から出ようとしたとき
リビングの明りに、明らかに二人分の影があるのを目撃しました。
まさか、こっちが眠ってしまった間に、浮気相手を自宅に連れ込んだ!?と。

送信:「今休憩中。まだ寝てないよね?」

返信:「テレビ見てる」

送信:「今日はすごく疲れたよ。ご飯何食べた?」

返信無し

送信:「そっちは一人?」

返信:「一人に決まってるでしょ」

送信:「さみしい?」

返信:「さみしい」

送信:「明日はなるべく早く帰ってくるからね」

返信:「何時ごろ?」

送信:「夜7時くらい」

返信無し

送信:「メールちゃんと返してよ」

返信:「仕事に集中してなさいよ」

送信:「いま休憩中だってば」

返信無し

送信:「何気に今、女性の方と二人っきりの作業なんだけどもちろん浮気とかはしないからね」(←これは遊び心)

返信:「浮気したら慰謝料いっぱいもらって離婚するから」

と、こんな感じです。
普段出張に行くときは、結構メールは交わすほうなんですが
この日はやはり、メールのレスポンスは遅かったり、いつまでたっても返信なかったりしました。

ともかく、このとき確信しました。間違いなく男連れ込んでやがる!!

スタバで見たアイツだと。
女友達だったら一人だとウソつく必要ないですからね。