何も盗られてないもののこれはさすがにやばいので翌朝
私は上司に連絡し、事情を話して有給扱いにしてもらった後管理人と警察に連絡。
先輩達は仕事に向かった。

来てくれた警察官と管理人も現場のベッドを見てドン引き
即効で管理人さんが鍵交換の手配をしてくれている中で
部屋で話を聞かれ、管理人さんにも今後の話をしようをしていたら携帯がなった。

先輩からだった。

自分「もしもし」
先輩「S、犯人わかった」
自分「えっ?」

犯人は前述のAともう一人、Kだった。
先輩に話を聞くとこんな感じだった。
忙しい時期に突然の有給だったために当然、Sどうしたの?って話になって
上司が気を使って「私子の家に泥棒が入って警察とか呼んでるから今日はお休み」
と会社でやんわりぼやかして説明してくれたらしい。
同じアパートに住んでいることを知られていた先輩も心配してくれた皆に聞かれたそうな。

以下、先輩とAを含めた同僚達の会話

同僚1「先輩!S大丈夫なんですか?お金とか盗まれたんですか?怪我とかは?」
先輩 「うん、そういうのは大丈夫。だけど精神的にダメージがあって」
同僚2「えっどうしたんですか」
先輩 「ベッドがだめになっちゃってたらしくて」
同僚3「えっマジで!?」
同僚4「うっそ!!最悪じゃん!高かったんでしょ。フルオーダーで!?」
同僚5「確かSが○○万円ぐらいって言ってた」
同僚6「フルオーダーってそんなにするんだ」
M美 「うっそだー。ブランド品じゃあるまいし子供用ぐらいのサイズが
    そんなにするわけ無いじゃん。せいぜい○万円ぐらいでしょ?」
先輩 「ん?M美、何であんたがベッドのサイズ知ってんの?」
M美 「あっ」

私は身長が低く、普通のベッドだと長さがあまりまくってもったいないので
部屋を広く使えるように、自分のサイズに合った小さめのベッドを作りました。
このことを知っているのは作った業者さん以外では現場をみた先輩とJさんのみ。

先輩 「A、どういうこと?なんで知ってんの?」
A  「えっ だって前に会社でS、そんなこと言ってなかったっけ?」
同僚1「私、初めてきいたよー」
同僚3「私もー」
他同僚「私も聞いたことない」
A  「えっだって聞いたよ!ねぇK?」
K  「え!!あ、うん」

この様子を遠巻きに見ていたK。
まさかのキラーパスにどもる。

S=  私(女)
A=  同僚(女)、犯人
先輩=(女)
J=  先輩の彼氏
K=  犯人

先輩 「K、ホントに聞いたの?」
K  「ああ、この前聞いた。」
先輩 「この前っていつ?」
K  「確か…2週間ぐらい前の打ち合わせのとき、なぁA?」
A  「そうそう。Sが『子供サイズなんだー』って言ったの」
先輩 「…」
先輩 「そっかぁ、聞いてたんだ。へんなこと言ってごめんごめん」
A   「こっちこそ紛らわしい言い方してごめんね」
先輩 「でも、めずらしいよねー。ちっちゃいベッドなんて」
A  「うん、めずらしいよねw」
K  「そうだなー」
先輩 「私、昨日実物見たんだけどホントにちっちゃかったよ。
    たぶんKくんの足のこの辺ぐらいだよね?(Kの横でKの足首を指差しながら)」
K  「そうそうそのぐらい」
A  「……!!」
先輩 「…………」
同僚達「…………」
K  「…???…………!!!!!!!」
続いてKも自爆

この後やっぱりか!って先輩が激怒して
Aが誘導尋問だって逆ギレして、Kが青くなってちぢこまって
同僚達が止めて、上司を呼んで大変だったらしい。

AとKは別室で上司が事情聞いていた。
なので当事者の自分にも来てほしいらしくと先輩は電話口で興奮していた。
自分としては知らないうちにいろんな人に迷惑をかけていて
申し訳なくて仕方がなかった。

電話を切った後、管理人と警官に事情を説明し
被害届や料金の請求云々はまた後日ご連絡します。
とお礼と謝罪をいって鍵交換が終わった後、会社に向かった。