時間がトラウマを癒してくれて忙しいながらも元気に自分は働いていた。

もうすぐ昼休みになる直前の時間に
「すいませーん、Sさんってみえますかー?」
という声が職場内に響いた。振り返ると40代ぐらいのスーツのおじさん。
別の部署の人かな?って思って(大きめの会社なので顔知らない人もいる)
「はい、何でしょうか?」っておじさんの方へ向かって言ったら

こめかみの辺をむっちゃグーで殴られた。

気絶はしなかったものの頭がぐわんってなって、首がゴキっていって
メガネが吹っ飛んで転んだ。転んだときに背骨を机の角で打った。
倒れてボーゼンとしていると怒鳴り声が聞こえた。

男「このクソ女ぁ!!!うちの嫁そそのかしやがって!!!
  首になるにはお前の方だろうがぁぁぁぁ!!!!!」

って言いながらつかみかかろうとしてきたのを同僚達が止めた。

えーなにこれなにこれ

しばらくしたら警備のおっちゃんたちがきておじさんを連れて行った。
自分は先輩の車で病院に運ばれた。

でっかいたんこぶ出来た。首は無事だった。鞭打ちになってなくてよかった。
メガネはバキバキ。あと背中にアザ。
ひと段落したら怖くなってまた脂汗でた。

治療してなんだか頭の左側だけぼこっとした状態で会社に戻ると警察官が来ていた。
おじさんはどうやら警察に連れて行かれたらしい。

また前と同じ別室で警察官に事情聞かれた。
警察官からおじさんの苗字聞いた。

Aと同じ苗字だった。
…そういやAって既婚者だったけか。

とりあえず、警察官に思い当たる節は無いかっていわれたので
一ヶ月前のごたごたの話をした。
会社が保管してくれていた、写真やら一筆やら被害金額やらのコピーの書類もみせた。
警察官もドン引きな顔してた。

各人(当時)
自分…25歳、女
先輩…30歳、女
Jさん…30歳、男
A…28歳、女
K…28歳、男
おじさん…40歳ぐらい?Aの旦那
上司…47歳、男

翌日、被害届を出しに行った。話を聞くとおじさんはやはりAの旦那さんだった。
自分をぶん殴った理由なんかも警察官から教えてもらった。