翌日、被害届を出しに行った。話を聞くとおじさんはやはりAの旦那さんだった。
自分をぶん殴った理由なんかも警察官から教えてもらった。

・おじさん(以下B)、急に入用になって通帳からお金を引き落とそうとする。
・引き落とせない。そもそも残高が全然ない。(自分への慰謝料をはらった為)
・Aを問い詰める。A「お金が無かったの」
・B「欲しいもんがあるなら自分の給料があるんだからそれで買いなよ」
 ってか給料は?A、仕事首になったとばれる
・B「なんで?ってか俺の口座の金は何に使った?」

↓ここからAの創作話タイム↓

同僚のKに口説かれて困っていた。そしてそのことを仲良しのSに相談した。
明日から旦那が出張だからKに押しかけられそうで怖いと言ったら
Sに「じゃあ私、一週間出張だからその間内で寝泊りしなよ。」と言われて鍵を渡された。
お言葉に甘えてSの家に入ったらKが隠れていて無理やりレイプされた。
Sはお金をもらってKに協力したらしい。
写真も盗られて誰かに言ったら旦那にバラすと言われた。
なのでその後も逆らえずに一週間毎日泣きながらレイプされ続けた。

その後、帰ってきたSに家を無断でラブホ代わりにされたと嘘を会社にばら撒かれた
あげくに高額の慰謝料払わされて、Kには引き続き脅されて貢がされてレイプされ続けた。
あなた(B)に嫌われるのが怖かったのごめんなさいシクシク

↑ここまで↑

めだまどこー

どうやら自分の出張をBの出張は時期が偶然被っていたらしい。
んで合鍵作って我が家で毎晩セックス祭り。

ベッドは口実の一つっぽい。

(たぶん自分ちが汚れるのが嫌だったのかな)

んで会社首になってもKと会ってて何かと貢いでたんだろうね。

まぁベッドの時の同僚の証言とか、その後確認した鍵屋の証言とか
あったのであっという間に自分の無実は証明された。

数日後、警察署で警察官立会いの下Bと話をすることになった。
警察官に真実を聞いたっぽいBに土下座された。
めっちゃあやまられた。

Aを好き過ぎての盲目的な犯行だと言われ、この人は基本いい人なんだと思った。
反省してるし治療費だけ頂いて示談ってことで被害届取り下げようかと思った。

んで「治療費を…」って話をしようとしたら
「妻からの慰謝料で何とか示談を…」って言われた。

ん?どゆこと?
Aが治療費払ってくれるってこと

違った。

ベッドの件でAから頂いた慰謝料で
今回のことの治療費を含めての示談にしろって意味だった。

ええーってなってこっちが「いや、それは」とかなってうろたえたら
畳み掛けるように今のB家の家計状況の悪さを説明された。

確かに、Aが勝手に発生させた慰謝料、とKに貢いだ金は
結構な大金だからB家は今悲惨なことになっているだろう。

確かにBは可愛そうだ。込みってことで示談にしてしまおうか…
いやでも、だからと言って治療費は貰わなきゃこっちがしんどい
どうしようと数分悩んだ。

でもこの人の次の一言でそんな生易しい考えは消えた。