仕事で組んでみると向こうができる奴なだけあってストレスなく早く仕事がすすむ。
仕事は順調だから、打ち合わせとかもそんなに必要なくなってきた。…はずなのに、やたら打ち合わせしよう、これお願い、と
やたらデスクまで来ることが多い。
後から聞いたところによると相手は私を好きになっていたらしいが、当時私は自尊感情がゼロに等しかった。
「私の粗探しに来ている」「笑いに来ているんだ」と思って勝手に怨みを抱いていた。
もう病気…

ある日、休日も連絡取る必要が出るかもと言われ、そんなものかと思ってプライベートのメールアドレスを教えた。
しばらくはメールも来なかったが、私が風邪をひいたときに優しいメールが来た。
大丈夫?臨時なのに無理させていてごめんなさい、とかそんな感じ。

自尊感情が無いので、これも臨時で仕事あんまりないのになんで体調崩してんの?という厭味だと思う私。

根拠ない不安で彼氏に愚痴る。優しく受け止められる。
正直、このころ彼氏のことは舐めきっていた。
何しても許してくれると思っていた。

失ったものはでかい…

相手も最初は社会人経験もないくせにプライドだけは高そうな生意気そうな女、ムカつく!と思ったが、
見た目がタイプだったから、このツンをデレさせたい!に変わったらしい。
当時は161cm47kgとわりと痩せ気味だった私は自分でいうのもなんだがスーツが似合ったので職場では2割増だったのだ。
実際にアタックしてきた20代職員も2人居た(自慢)。

20代のアタックでちょっと自尊感情が回復したこともあり、
メールが度重なるうちに、段々と相手が厭味じゃなく好意で向かってきているのがわかってきた。

そんなとき、仕事上私と相手を含む3人で出張に出る機会が。
私、相手(以降不倫男)、男一人。男二人は用務後に飲みに行った。
私は一人でホテルの部屋で寝てた。
23時すぎ、ケータイが鳴った。